使用例は、Claudeのパフォーマンスを向上させ、望ましい出力を生成するように導くための最も強力なツールの1つです。プロンプトにいくつかの適切な使用例を提供することで、Claudeの応答の正確性、一貫性、品質を大幅に向上させることができます。この手法は、非常に詳細なタスクや、構造化された出力や特定のフォーマットへの準拠を必要とするタスクに特に効果的です。

この手法は、few-shot prompting(または1つの例のみが提供される場合はone-shot prompting)としても知られています。


使用例を使用する理由

使用例は、Claudeにとって学習ツールとして機能し、期待する出力の種類を正確に示します。使用例は、単に説明や指示を提供するよりもはるかに効果的であることが多く、Claudeがパターンを一般化し、新しい入力に適用することを可能にします。人間が観察と模倣によって最もよく学ぶのと同様に、Claudeは関連する使用例を研究することで、望ましい動作をすばやく理解できます。

プロンプトで使用例を使用することの主な利点は次のとおりです。

  • 正確性の向上: 使用例は、Claudeに正確に何を求めているのかを理解させ、誤解や無関係な応答の可能性を減らします。
  • 一貫性の向上: 使用例はClaudeに従うべきテンプレートを提供することで、さまざまな入力に対して応答の構造とスタイルが一貫して維持されるようにします。
  • パフォーマンスの向上: 適切に選択された使用例は、使用例で示されたパターンとロジックから学習するため、Claudeが複雑またはニュアンスのあるタスクを処理する能力を大幅に向上させることができます。

効果的な使用例の作成

プロンプトで使用例を使用する際に最大の効果を得るために、最も効果的な使用例を提供する方法について以下のガイドラインを考慮してください。

  • 関連性: 使用例が、Claudeが処理すると予想される入力と出力の種類に密接に似ていることを確認します。使用例が実際のユースケースに似ているほど、Claudeのパフォーマンスは向上します。
  • 多様性: さまざまなシナリオ、エッジケース、潜在的な課題をカバーする多様な使用例を含めます。これにより、Claudeはより適切に一般化し、より幅広い入力を処理できるようになります。
  • 明確さ: 使用例を明確、簡潔、かつ理解しやすいものにします。<example>などのフォーマットタグを使用して、使用例を構造化し、プロンプトの残りの部分と区別します。可能な場合は、Claudeに使用例の種類に関するコンテキストを提供します(例: 「以下は適切なAPA引用の例です」や「以下は私が書いたメールの例です」)。
  • 数量: 最適な使用例の数に厳密なルールはありませんが、Claudeに確実な基盤を与えるために、少なくとも3〜5の使用例を提供することを目指してください。Claudeのパフォーマンスが期待に沿わない場合は、常により多くの的を絞った使用例を追加できます。

使用例を提供するには、プロンプトに使用例を含め、実際のタスクと明確に区別します。使用例を<example></example>タグで囲むことをお勧めします。これにより、Claudeが使用例とプロンプトの残りの部分を簡単に区別できます。

以下は、使用例を使用してClaudeの応答を導くプロンプトの例です。

役割内容
ユーザーいくつかの引用文を提示します。引用ブロックから著者を抽出してください。

使用例:
<example>
引用文:
“When the reasoning mind is forced to confront the impossible again and again, it has no choice but to adapt.”
― N.K. Jemisin, The Fifth Season
著者: N.K. Jemisin
</example>

引用文:
“Some humans theorize that intelligent species go extinct before they can expand into outer space. If they’re correct, then the hush of the night sky is the silence of the graveyard.”― Ted Chiang, Exhalation
著者:
アシスタント(Claudeの応答)Ted Chiang

このプロンプトでは、使用例がClaudeに与えられた引用文から著者名を抽出する方法を示しており、Claudeが新しい入力に対してそのプロセスを簡単に再現できるようにしています。


出力のフォーマット

使用例は、構造化されたフォーマットまたはフォーマットされた出力を必要とするタスクに特に効果的です。ステップバイステップのフォーマット指示を提供する代わりに、望ましい出力フォーマットの使用例をいくつか含めるだけで済む場合があります(ただし、指示と使用例の両方を一緒に使用することをお勧めします。それは、どちらか一方だけを使用するよりも効果的である可能性が高いためです)。

Claudeに特定のテキストから名前と職業を抽出し、リストとしてフォーマットすることを求めるとします。使用例を使用してClaudeにプロンプトを与える方法は次のとおりです。

役割内容
ユーザー<example>
テキスト: Sarah Martinez, a dedicated nurse, was known for her compassionate care at the local hospital. David Thompson, an innovative software engineer, worked tirelessly on groundbreaking projects.
出力:
1. Sarah Martinez [NURSE]
2. David Thompson [SOFTWARE ENGINEER]
</example>

<example>
テキスト: Chef Oliver Hamilton has transformed the culinary scene with his farm-to-table restaurant. Just down the street, you’ll find the library, where head librarian Elizabeth Chen has worked diligently to create a welcoming space for all.
出力:
1. Oliver Hamilton [CHEF]
2. Elizabeth Chen [LIBRARIAN]
</example>

テキスト: At the town’s bustling farmer’s market, you’ll find Laura Simmons, a passionate organic farmer known for her delicious produce. In the community center, Kevin Alvarez, a skilled dance instructor, has brought the joy of movement to people of all ages.
出力:
アシスタント(Claudeの応答)1. Laura Simmons [ORGANIC FARMER]
2. Kevin Alvarez [DANCE INSTRUCTOR]

これらの使用例を観察することで、Claudeは関連情報を抽出し、望ましいスタイルで名前と職業を番号付きリストとしてフォーマットすることを学習します。


注意点

使用例は非常に強力ですが、潜在的な落とし穴に注意することが重要です。Claudeは、使用例の意図しないパターンを拾い上げ、過剰適合や予期しない動作につながる可能性があります。

たとえば、使用例のメールがすべて「Sincerely」で終わっている場合、Claudeはすべてのケースに適切でなくても、生成するメールでは常にそのように締めくくることを学習する可能性があります。これを軽減するには、使用例が多様で、望ましい出力の全範囲を表していることを確認してください。


反復と改良

完璧な使用例のセットを作成するには、多くの場合、反復と改良が必要です。Claudeのパフォーマンスが期待に沿わない場合は、次の点を検討してください。

  • 出力の分析: Claudeの応答で望ましくないパターンを探します。これにより、使用例が不明確または誤解を招く可能性のある領域や、より多くの使用例が役立つ可能性のある領域を特定できます。
  • 使用例の追加: Claudeが特定の種類の入力で苦労している場合は、それらのシナリオに特に対処する追加の使用例を提供します。
  • 既存の使用例の修正: 時には、使用例のわずかな調整でも大きな違いが生まれることがあります。最適な方法を見つけるために、異なる表現、フォーマット、または構造を試してみてください。
  • Claudeの助けを借りる: 良い使用例を書くのは難しいことです!特定のタスクに対する使用例の多様性や関連性を評価したり、既存の使用例のセットを参照して新しい使用例を生成したりするようClaudeに依頼できます。

プロンプトエンジニアリングは反復的なプロセスであることを忘れないでください。最初の使用例が完璧な結果をもたらさなくても、がっかりしないでください。少しの調整と実験により、Claudeの可能性を最大限に引き出し、アプリケーションで優れた結果を達成できるようになります。


追加リソース

  • プロンプトエンジニアリングのテクニック: プロンプトを最適化し、Claudeのパフォーマンスを向上させるための他の戦略を探ります。
  • Anthropic cookbook: Claudeを使用した高度に効果的で高度なテクニック、統合、実装を示すコピー可能なコードスニペットを含むJupyterノートブックのコレクションを閲覧します。
  • プロンプトライブラリ: さまざまなタスクとユースケースのためにキュレーションされたプロンプトのセレクションからインスピレーションを得ましょう。